7月21日(金)9:20ごろ 『「キス&クライ」日本初演記念 無料上映会』(オフシアターインフォメーション)

2016年に日本で公開されるや、

瞬く間に大ヒットを記録した『神様メール』や

『ミスター・ノーバディ』で異彩を放つ

ベルギー映画界の鬼才、

ジャコ・ヴァン・ドルマル監督。

ベルギーのダンス界を牽引するローザスの

旗揚げメンバーとして活躍し

自身の振付作品でも好評の

振付家ミシェル・アンヌ・ドゥ・メイ。


そんな2人が、

映画とダンスの枠組みを超え創作した舞台作品

「 キス&クライ 」が、916日(土)17日(日)、

日本では唯一、高知で上演されます! 



主人公はパフォーマーの“手”。

舞台には映画の制作現場さながらの

撮影機材やミニチュアセットが並び、

時に立ち止まり、時に心躍る

人生の一幕をとらえたカメラの視線が、

舞台の背後にあるスクリーンにライブ上映され、

観る者の好奇心を掻き立てます。


日本初演!パフォーマンス『キス&クライ』


【日 時】2017年9月16日(土)開演19:00(開場18:30) *アフタートーク
        9月17日(日)開演19:00(開場18:30)
【会 場】高知県立美術館ホール
【料 金】指定席3,000円(当日3,500円)自由席2000円  




そんな「キス&クライ」日本初演を記念して、

高知県立美術館ホールにて、

ドルマル監督の長篇映画『神様メール』『ミスター・ノーバディ』と、

ミシェル・アンヌ振付のダンスフィルム

『ファースアファース』『ラブ・ソネット』

21のダンス・エチュード』が無料で同時上映!





【日 時】


 85日(土)

  

  『神様メール』 ①1000 ②13:55 ③1750


  『ダンスフィルム3作』 ①1210 ②1605


819日(土)

  

  『ミスター・ノーバディ』 ①1000 ②1420 ③1840


  『ダンスフィルム3作』 ①1210 ②1605


【会 場】 高知県立美術館ホール


【料 金】 無料


【問合せ】 高知県立美術館ホール 088-866-8000